FC2ブログ

大阪梅田 駅前ビル地下街

阪神百貨店の裏。ウメ地下から外れて梅田第1ビルから第4ビルの下にある、
若干雰囲気の違う地下街です。

180819-1 (76)
日曜日の午後。ウメ地下からずっと南へ漂っていくと、ガランとした地下街に変わって行きます。





180819-1 (77)
これから賑わうのであろうか、ほとんどだれも居ないスタンドの串カツ屋。




180819-1 (82)
パチンコ屋だな。落ち着いて財布が空になるまでやれそうな雰囲気の場所?




180819-1 (85)
駅前ビルは第1から第4まであって、それぞれが地下街を持っていて、それが全部繋がっております。




180819-1 (99)
通路はほとんど碁盤の目状になっているので、若干つまらない。人目を避けるように占いの店。




180819-1 (97)
このあたりに入る店舗は、なるほどなあと思えるようなお店が多いです。




180819-1 (101)
ガランとした地下通路。この広さいっぱいに人が歩くのでしょうか。




180819-1 (115)
地下鉄東西線の北新地駅。この上が北の新地なのです。




180819-1 (117)
この一角は真夜中に一番賑わいそうな雰囲気です。




180819-1 (118)
更に地底深く潜って地下鉄で帰ります。この地下街、固定客はあるのでしょうが、出来てしまったから仕方がない
という感がぬぐえないうら寂しい地下街でした。






スポンサーサイト
毘沙門天を祀る信貴山真言宗総本山・朝護孫子寺。ついでに金運繁盛・出世栄達の現世ご利益も施していただけるという
有り難い庶民の祈りの場所。信貴山の鞍部に拡がる石段の回廊を巡ってみました。

180819-1 (273)
山門前の観光センター。大阪側から来る道と奈良側から来る道の接点。大阪側から来るとシンボルのトラがお尻でお迎え。




180819-1 (276)
山門ヘ向かう道。両側に並ぶ灯篭は夜になると点灯して、なかなか荘厳な眺めになります。




180819-1 (297)
「総本山信貴山」と書かれた山門。けっこう参拝客が多いのです。




180819-1 (294)
朝護孫子寺の案内図。何となく迷路っぽくて、子供が喜びそうな感じ。探偵ごっこをすると面白い所です。




180819-1 (303)
山門をくぐると二手に分かれる回廊。どちらも行き先は同じですが、下の道を行くと宿坊「千手院」を経由します。




180819-1 (305)
下の道を選んで千手院の入り口へ。右の灯篭の陰の「僧侶による??相談」 いったい何の相談だったのか今頃気になります。




180819-1 (304)
宿坊はノルマがあるのか、「今月はきついな~」という声が。ここも現世なのです。




180819-1 (306)
金運如意・銭亀善神という幟。日本人じゃない人の名前が施主になっていて、ここの効き目は国際的なのか。




180819-1 (319)
こちらも宿坊「玉蔵院」 研修会・錬成会場。合宿で地獄の特訓をしているのでしょうか!





180819-1 (317)
石段の回廊をまたぐ宿坊の渡り廊下。




180819-1 (318)
ここを渡って地獄の特訓会場へ向かうのでしょうか。ここの幟は「出世毘沙門天王」




180819-1 (323)
本堂を指さすカフスボタンつきの道標。




180819-1 (330)
本堂手前にある水場。ここで少しホッとします。




180819-1 (331)
ホッとしていたらこんな張り紙が。なるほどここは飛ばしたくなりそうな所なのです。




180819-1 (338)
やっと本堂にたどり着き、最後にダメ押しの階段。





180819-1 (347)
本堂内部は撮影厳禁なので、横から。




180819-1 (341)
本堂の前からは奈良盆地が一望できます。




180819-1 (343)
こりゃ、ドローンで撮影したら大パノラマの風景が撮れますね。




180819-1 (358)
今度は現世欲バリバリの幟の間を降りて行きます。




180819-1 (326)
「ようおまいり」 小判がザクザク。現世に住む人を助けてくれる神様仏様がいっぱい居られる信貴山です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。